栄養士さんより

ブドウ

最近、スーパーでもブドウがよく売られるようになりましたね。

今日は「ぶどう」のお話をしましょうnote

ぶどうが世界で最も多く作られている果物のひとつです。

ヨーロッパではすでに古代エジプトで紀元前3500年頃から栽培されていて、

非常に古い歴史をもっています。

日本では、1186年に甲斐国の人が「甲州」を発見し、栽培したのが始まりとされています。

ぶどうの栄養はカリウムや亜鉛カルシウム、鉄分など多くのミネラルを含み、

胃腸障害や皮膚の角質化を防ぐ効果があるパントテン酸もたっぷりありますshine

皮には抗酸化作用のあるポリフェノールが豊富に含まれ

美容の果物といえますねlovely

ぜひ、みなさんこの季節にぶどうをいっぱい食べて、美肌目指しましょうhappy02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

親子丼

今日は親子丼について、お話します。

親子丼は鶏肉を鶏の卵でとじるから、そう呼ばれているのは

みなさんもご存知のことかと思います。

親が鶏で、子は親が産んだもの、つまり鶏卵であることに由来しています。

これに対し、鶏でなく豚や牛を肉に使ったものは、他人丼と呼ばれます。

しかし考えてみれば、一般に出てくる親子丼は

本当の親子ではなく、実は他人です。

本当の親子であるとすれば、その卵を産んだ鶏の肉を使ったものになるでしょう。

という書き込みがインターネットでありました。

素朴な疑問を寄せる方が、世の中にはいるんですねsweat01

ちょっと理屈臭いかなcoldsweats01

理屈抜きで、親子丼を美味しくいただきましょう!

ちなみに親子丼に使われてる玉ねぎは、

血液をサラサラにする血栓予防効果もありますし、

体内に入ったビタミンB1を吸収しやすくする働きもある栄養価の高い野菜ですshine

そんな玉ねぎと一緒に、親子丼も美味しくいただきましょうねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タメになる食べ物の話

みなさん、こんにちはheart04

仕事上、栄養士さんと関わる機会も多いです。

給食に出されている食べ物の話もいっぱい聞くこともあります。

そんなわけで、栄養士さんからの「タメになる食べ物の話」と題し、

時々ブログでも簡単に紹介させていただきますねwink

今日のテーマは「たけのこ」clover

歴史の書物「古事記」にも登場する筍(たけのこ)は、

日本でも古くから食べられていたようです。

漢字で竹かんむりに旬と書くとおり、食べられる時期じがほんのわずかですが

春からの味覚を代表する食材です。

食物繊維は豊富で、便秘の予防、解消、

コレステロールの吸収を防ぐ効果があります。

また、たけのこのうまみ成分のひとつであるアスパラギン酸は、

疲労回復に効果があります。

硬い食材なのでよく噛んで食べてくださいねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)